大倉・金鼓(大倉本家)

千代酒造梅乃宿大倉久保本家北村酒造

奈良県香芝市大倉本家
伝承の山廃仕込み

奈良県香芝市の万葉集によく詠まれた二上山の麓に大倉本家はあり、蔵の歴史は百有余年の奈良県下で絶大な人気を誇った銘柄です。
伝承されてきた山廃仕込みならではの食中酒として味のある日本酒造りにこだわり、普通酒さえも山廃仕込みで造る濃いお酒の多い奈良県の中でも抜きん出た個性のある質の良いお酒を醸しています。

大倉本家

大倉本家
お神酒の歴史をつなぐ「濁酒」

かつては奈良県神社庁の「お神酒」として神社に納められていた「濁酒」を造り続けています。発酵に「もろみ」を濾さずにそのまま瓶詰めしていますので、よくある「にごり酒」と比にならない程「たっぷり」のつぶつぶのお米が入っている「飲む」というより「食べる」ような感覚の「甘酸っぱい」お酒です。


2