フェイスブックもチェック!
フェイスブックはこちら

お酒は二十歳になってから
ホーム | 日本ワイン > 東京ワイナリー◆東京ワイナリー×山形県置賜デラウェア スキンコンタクト・生ワイン
商品詳細

◆東京ワイナリー×山形県置賜デラウェア スキンコンタクト・生ワイン[02071633]

販売価格: 2,000円 (税別)
クール便(冷蔵)代が必要になります

“東京ワイナリー”


●東京初のワイナリー誕生
 2014年9月に、日本の首都“東京”で初めてのワイン製造免許を
許され誕生したワイナリー。その名も『東京ワイナリー』
東京都23区の西端にある練馬区大泉学園町にあります。
下町情緒溢れる大泉学園町には東京で唯一の農場もあり、
東京ワイナリーとも目と鼻の先にあります。
    

●前職は青果の仲卸
 こちらのワイナリーの代表は、越後屋 美和さん。
ワイナリーの代表としては異色の経歴の持ち主です。

彼女は、以前、野菜や果物をたくさん扱う青果仲卸会社に勤められてました。

彼女曰く、「東京は都心から少し離れると緑豊かな町で、美味しい野菜や
果物もたくさん作られている。そのことは案外知られていない。

この美味しさを消費者の方々に伝えたい」と。

農家の方がワイナリーを立ち上げられるというのは聞いたことがあります
が、元青果の仲卸の方がというの聞いたのは初めてでした。


●果物のエキスパート
 しかし、皆さま、驚くなかれ!(笑)さすが元青果の仲卸です!
野菜や果物にかけては、どの産地の○○という△△△は、収獲時期から
美味しい旬、その特徴に至るまでの知り尽くした超専門家なのです。

そんな彼女が造るワイン、これがまたただモノではありませんでした。

私はお会いするまでは正直言って『新しいワイナリーさんなので実力は
どんなものなのかな?』と半信半疑でした。

お会いしてからも、青果の仲卸業をされていたと聞いても、正直
『ワイン造りは素人なのでは!?』と思っておりました。

  


●ブドウの旨味を引き出した味わい
 ワインを試飲させていただくと、その私のつまらない先入観は一変します!

『なんだ!?このシャープでイキイキとした酸は!』
『どこから来るんだろう?この爽やかで透明感ある味わいは!』
『しかも、旨味がたっぷりあるじゃないか!!!』と驚きの連続

次の瞬間には思わず、初オーダーをしてしまってたぐらいのレベルの高いものでした。

果物や青果の専門家とワインを醸造する確かな知識、この二つが組み合わさると
こうなるんだと、また“日本ワイン”の新しい可能性を感じました。


●期待膨らむワイナリー
 東京ワイナリーは、これからまだまだ『伸びしろ』があるワイナリーです。

ガレージ2つ分ぐらいの小さなスペースで営まれている、所謂“ガレージワイナリー”
“ミニマムワイナリー”です。しかし、消費者に近く、気軽にフラッと立ち寄れるような
親近感を有しております。その昔、昭和の時代、つっかけを履いて手にボウルを持ち
近所にあるお豆腐屋さんに『豆腐』を買いに行ったように・・・。

タンクから汲みたての“美味しいワイン”が飲めるようになるのではないかと思っております。
これからの都市型ワイナリーの1つのスタイルだと思います。

期待が大きく膨らみます。


◆クール便(+216円)対象商品です◆

◆東京ワイナリー×山形県置賜デラウェア スキンコンタクト・生ワイン[02071633]

販売価格: 2,000円 (税別)
クール便(冷蔵)代が必要になります