宮本ヴィンヤード (北海道三笠市)

北海道三笠市達布地区にある家族経営の小さなブドウ畑。 代表:宮本 亮平氏 10年の歳月をかけてNZ、フランス、日本で修行。 畑は達布山の丘陵地の急勾配の南斜面、及び南西に位置し、日照に恵まれた非常に水捌けのよい風が吹き抜ける見晴らしの良い畑。 テロワールをグラスに表現する ワインの名前“ヴィーニュ シャンタント(歌うブドウ樹たち”と名付けました。 ボルドー液4〜5回/年、限定的な範囲の殺虫剤のみ使用。もちろん除草剤や化学肥料は使わず。 醸造は野生酵母で自然発酵、必要最低限の亜硫酸の使用。 ディアムコルクを使用。
4